伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
35℃ / 23℃今日の天気:南信 217/(土)

ニュース

蛍の餌「カワニナ」を思沢川に投入

 伊那市御園の思沢川に蛍を育てる会のメンバーは、12日、蛍の幼虫の餌となるカワニナを、川にまきました。
 12日は、メンバーが思沢川(おもいざわがわ)に集まりました。
 地区の水路で2時間かけてつかまえたというカワニナ5キロが用意されました。
 蛍を育てる会では、20年近く前から、地区に蛍を取り戻す取り組みをしています。
 先進地を視察したり、詳しい人に話を聞くなどして、環境整備を進めてきました。
 蛍の幼虫の餌となるカワニナを川に投入する作業もその一環です。
 取り組みの成果があり、毎年蛍の乱舞が見られるようになっていて、今年は2000匹が舞ったということです。
 カワニナは、年に3~4回、川に投入しています。
 蛍を育てる会には、御園地区を中心に、およそ100人の会員がいて、蛍の舞う地域づくりを支えているということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る