伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
28℃ / 15℃今日の天気:南信 246/(日)

ニュース

南箕輪中1年観光資源を学ぶ

 南箕輪中学校の1年生は、村の観光資源について学び、発信する総合学習に取り組んでいます。
 14日は、1年生167人が、村役場の職員と、地域おこし協力隊の隊員2人から村の魅力や観光資源について話を聞きました。 
 村職員の真瀬(ませ)(がき)まり子さんは、村最大の観光地である大芝高原には年間60万人が訪れていて、県内で38位の集客数だと説明しました。
 真瀬垣さんは、「光を観ると書いて観光と言います。皆さんそれぞれが村の光を見つけて下さい」と呼びかけました。
話を聞いた後各クラスに戻り、ワークシート作成にとりくみました。
 村の魅力を8つあげ、その8つについてさらに詳しく考えるというものです。
 生徒たちは、自然、農業、伝統行事などと書き込んでいました。
 また、近くの友達と情報を共有しながら村の魅力について考えていました。

 南箕輪中学校1年生は、ワークシートを元に取り組むテーマを決め、7月に村内で調査を行います。その後、個々に新聞の形にまとめを行い9月下旬の文化祭で発表するとしています。

 完成した新聞は、修学旅行で訪れた先で配布することも計画していきたいということです。
 

一覧に戻る