伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇18℃ / 3℃今日の天気:南信
曇時々晴16℃ / 4℃11月27日(金)
雨のち晴14℃ / 4℃11月28日(土)
晴時々曇12℃ / 2℃11月29日(日)
晴時々曇14℃ / 1℃11月30日(月)
晴れ13℃ / 1℃12月1日(火)
晴時々曇13℃ / 2℃12月2日(水)
2611/(木)

ニュース

地域の史跡に説明看板設置

大萱区の阿弥陀堂など3か所

地域の史跡に説明看板設置

伊那市西箕輪の大萱区は区内の史跡について理解を深めてもらおうと、このほど説明看板を設置しました。
説明看板は区内の史跡3か所に設置しました。
伊那市協働のまちづくり交付金を活用したもので事業費は23万3千円です。
説明文は小林和道区長を中心に役員が郷土史研究家の書物を調べるなどして記載したということです。
史跡の阿弥陀堂は平安時代からの浄土信仰に伴い極楽往生を遂げるための修行を目的に作られたとされています。
現在の建物は1939年昭和14年に建てられたもので、堂内には2体の阿弥陀如来像が祀られているということです。
血下げ場と馬頭観音は農業に馬が利用されていたころ馬が活動的になりすぎるのを防ぐため血を抜いた場所とされています。
この場所には馬を祀る馬頭観音も数多く残されています。
獄門畑は江戸時代の1740年頃近隣の村と土地を巡って起きた争いがもとで当時の大萱村の村民が打ち首となり、その首がさらされた場所とされています。
大萱区では地域に残る史跡を地域住民が保存管理していくことで郷土愛を育んでいきたいとしています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る