伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ10℃ / 0℃今日の天気:南信
晴れ9℃ / -3℃1月27日(木)
晴れ7℃ / -4℃1月28日(金)
曇時々晴7℃ / -4℃1月29日(土)
晴時々曇7℃ / -4℃1月30日(日)
晴時々曇6℃ / -5℃1月31日(月)
曇時々晴7℃ / -5℃2月1日(火)
261/(水)

ニュース

西箕輪上戸で大文字建て

西箕輪上戸で大文字建て

伊那市西箕輪上戸で今年1年の家内安全、五穀豊穣を願う小正月の伝統行事大文字(でえもんじ)建てが14日、行われました。
朝4時半、合図の太鼓が打ち鳴らされます。
色紙でつくった巾着を手にした住民が次々と区内の三ツ辻に集まってきます。
午前5時、上戸南部実行部長の鈴木(すずき)義則(よしのり)さんの挨拶の後、大文字建てが始まります。
地区の男性40人余りが集まり、長さおよそ15mの柱を担ぎだします。
その柱の中ほどに天下泰平などと書かれた飾り箱や各戸で作った巾着を飾ります。
さらにその上には酒樽や御幣(おんべ)、竹、最上部には紙で作られた花を取り付けます。
大文字は、地区の辻に飾り付けをした柱を建て、1年間の無病息災などを願う西箕輪上戸の伝統行事です。
江戸時代から続くとされていて、過去に一度、この行事を中止したところ、村に疫病が流行したことがあり、それを機に1年も欠かすことなく行われているということです。
飾り付けが終わると、ロープで引っ張りながら慎重に柱を立ち上げていきます。
大文字建ては30分ほどで無事に終了しました。
大文字建てが終わると御神酒を酌み交わし今年1年の無事を願っていました。
去年に引き続き、今年も新型コロナウイルスの影響で直会(なおらい)は行わず、規模を縮小して実施しました。
今朝建てられた大文字は20日の早朝に下され巾着や花はそれぞれに持ち帰り玄関などに飾られるということです。
 

前のページに戻る 一覧に戻る