伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
286/(火)

ニュース

伊那市と県資源循環保全協会が協定締結

伊那市と県資源循環保全協会が協定締結

伊那市は大きな災害に備え、廃棄物の処理を行う一般社団法人長野県資源循環保全協会と22日に協定を締結しました。
22日は、伊那市の白鳥(しろとり)(たかし)市長と一般社団法人長野県資源循環保全協会の中村(なかむら)(ゆき)(ひろ)会長が協定書を取り交わしました。
 今回の協定は市内の業者だけでは対応が出来ない災害廃棄物を、資源循環保全協会が撤去や収集・運搬などを行います。
 これまでは県を通して処理することになっていましたが、今回の協定で、市が直接協会に依頼し、廃棄物処理を行うということです。
 白鳥市長は「今回の協定で、迅速かつ確実に災害廃棄物の処理を対応してもらえるようになった」と話していました。
 中村会長は「対応をスムーズにできるよう体制を整えておきたい」と話していました。
 協会との協定締結は、県の市町村では須坂市に続いて2例目となります。

前のページに戻る 一覧に戻る