伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
154/(月)

ニュース

伊那谷の風景 シンポジウム

伊那谷の風景 シンポジウム

伊那谷の風景について考えるシンポジウムが伊那市西箕輪の産学官連携拠点施設inadani(いなだに) sees(しーず)で28日に開かれました。
シンポジウムは参加者に伊那谷の風景の魅力を再認識してもらおうと、「千年つづく風景」をテーマに開かれました。
基調講演では信州大学農学部の上原三知(うえはらみさと)准教授が災害で失われる風景について話しました。
上原さんは「災害時のリスクを見据え、身近な風景を大切にしてほしい」と話していました。
シンポジウムは産学官共同で景観形成を目的に風景に合う看板設置を進める三風(さんぷう)(かい)が開いたもので、今回が2回目です。
三風の会では「伊那谷の風景を次の世代に継承していきたい」と話していました。

前のページに戻る 一覧に戻る