伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ6℃ / -9℃今日の天気:南信
晴のち雪8℃ / -5℃1月24日(日)
晴時々曇11℃ / 0℃1月25日(月)
曇り9℃ / -1℃1月26日(火)
曇時々晴10℃ / -1℃1月27日(水)
曇時々晴9℃ / -2℃1月28日(木)
晴時々曇8℃ / -4℃1月29日(金)
231/(日)

ニュース

05衆院選
伊那JC、OB・現役有志が宮下氏応援団を結成

05衆院選<br>伊那JC、OB・現役有志が宮下氏応援団を結成

 衆院選に長野5区から出馬を表明している自民党前職の宮下一郎氏(47)を応援しようと、伊那青年会議所(伊那JC)のOB・現役の有志が19日、「21峰明会」を結成した。宮下氏と同時期に伊那JCの活動を担ったメンバーが中心。約50人が集まり、会長には伊那市の司法書士・熊谷健さんが就任した。
 規約によれば、会の目的は「宮下一郎君と共に、日本の未来を考え、市民の意見を国政の場に反映させ、21世紀の明るい伊那谷と日本を創造する」こと。
 伊那JC関係には、宮下氏の父親である元厚生大臣宮下創平氏を支援する「21創明会」があったが、03年の創平氏の現役引退・一郎氏への「代替わり」に対応した組織再編は行わないまま「実質的な活動休止状況」(21創明会会長塚越英弘氏)だった。こうした中、解散・総選挙が決まる前からJC同期生の中から「語る会的組織」を求める声があり、結成に至った。峰明会結成により創明会は解散した。
 会長の熊谷さんは「JCの同期生として一緒に活動した仲間として、共に語り、学び、一郎君を育てるために結成した。選挙の応援もするが、従来の後援会組織とは違う、日本と地域のあり方を共に考える会にしたい」と話した。

前のページに戻る 一覧に戻る