伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
167/(火)

ニュース

飯島陣屋通学塾

百年前の暮らし方で4日間共同生活し、学校にも通う

飯島陣屋通学塾

 飯島町教育委員会の第3回飯島陣屋通学塾が飯島小学校1年から6年まで14人が参加し、1日縲・日まで3泊4日の日程で始まった。陣屋の特性を生かし、火打石で火を起こし、かまどやいろりで調理をするなど、昔の人の暮らしに近い、不便さにこだわった。
 子どもの生活習慣の形成と異年齢の子どもたちの交流を通して、人間関係の構築を図ることがねらい。
 1日、陣屋に集合した子どもたちは早速、4日間使用するはしやコップを竹で作り、火打石で火を起こし、かまどでご飯を炊き、みそ汁を煮、囲炉裏で塩沢教育次長が釣ってきたアマゴを焼くなど、班ごとに役割分担し、夕食の用意をした。
 かまどはいぶり、煙りがもうもうと立ちこめ、子どもたちは「煙い、目が痛い」と言いながらも、熱心にみそ汁に入れる野菜を刻んだり、アマゴの串打ちなど準備を進めた。
 夜はろうそくの明かりで寺子屋。塾長の山田教育長の指導で詩の輪読もした。
 子どもたちは「煙かったが、かまどで炊いたご飯はおいしかった」と笑顔。

前のページに戻る 一覧に戻る