伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

モモの出荷作業本格化

モモの出荷作業本格化

 飯島町上の原のJA上伊那飯島果実選果場で、モモの選果・出荷作業が本格的に始まった。ピークは5日縲・0日で、17日までに55トンが出荷される。
 初日は中川村を中心に、12人が1800キロを持ち込んだ。
 品種は白く柔らかな「白鳳」と果肉が赤く硬めの「あかつき」。
 目視でキズ、色、形を見たり、選別機により大きさで分け、5キロずつ箱詰する。
 JA上伊那南部グリーンセンターの寺沢満さんは「収穫は1縲・日遅れ気味。作柄は平年並み。好天が続き、糖度も乗って、おいしい」と話している。
 また、併設の直売所も開所し、全国発送や直売も始まった。

前のページに戻る 一覧に戻る