伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
246/(月)

ニュース

飯島町ママさんバレー「どんぐり」が全国大会へ

町では初めての快挙。

飯島町ママさんバレー「どんぐり」が全国大会へ

 山形県天童市で9月6日から開く第38回全国ママさんバレーボール大会に出場する飯島町のどんぐりチーム(宮脇明子監督、井口智世主将、15人)の激励会が9日、役場であった。どんぐりは6月10日、松本市総合体育館で開いた県予選大会で優勝し、全国に駒を進めた。町では初めての快挙。
 県予選では準勝戦では昨年の北信越大会で涙を飲んだ「さつき」を2対1で下し、決勝では1昨年2回戦で敗れた「もちづき」を2対0で撃破し、初の優勝を手にした。
 高坂町長は激励金を手渡し「全国大会出場は町は初めての快挙。県代表として、体調を整え、パワーをいかんなく発揮して、必勝を」と激励した。
 選手を代表し、井口主将は「県大会では因縁の対決を制し、優勝できた。年々、少しずつ力がついて来たと実感している。県代表として、恥じないように、精いっぱい頑張ります」と健闘を誓った。 選手は次の皆さん(敬称略)
 宮脇明子(監督)、井口智世(主将)柳生香織、黒塚志保、佐々木ちか江、芦部富子、高橋千代美、茅野克子、財前陽子、宮沢紀子、湯沢初美、下平絵美、杉原恵美子、米山由江、小河かおり

前のページに戻る 一覧に戻る