伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ24℃ / 6℃今日の天気:南信
晴れ24℃ / 5℃4月22日(木)
晴時々曇23℃ / 5℃4月23日(金)
曇時々晴21℃ / 9℃4月24日(土)
晴時々曇22℃ / 8℃4月25日(日)
曇時々晴22℃ / 9℃4月26日(月)
曇り21℃ / 10℃4月27日(火)
214/(水)

ニュース

し烈な舌戦スタート 駒ケ根市長選

 任期満了に伴う駒ケ根市長選は13日告示され、いずれも無所属新人で、前市議会議長の北沢洋氏(56)=上赤須、元県教育次長の杉本幸治氏(58)=上穂町、元市議会議員の林高文氏(69)=中沢=の3人が立候補した(届け出順)。投票日の20日まで1週間。三つどもえのし烈な戦いが火ぶたを切った。
 各陣営とも市役所で立候補の届け出を済ませ、北沢氏は北割一区の選挙事務所前で支持者ら約500人を集めて、杉本氏は三和森広場で支持者ら約400人を前に、林氏はJR駒ケ根駅前広場で約150人を集め、それぞれ力強く第一声(人数は各陣営発表)。支持者からの大きな拍手と声援を受けた候補者は笑顔で遊説カーに乗り込み、市内全域を回る遊説に出発した。
 各陣営とも個人演説会や街頭演説、決起集会などで政策をアピールしていく。中原市長の後継者の立場を強調し、現市政の流れを継続したいとする北沢氏、県職員としての長い行政経験を生かした行財政改革を標ぼうする杉本氏、箱物行政から福祉重視の市政への転換を図りたいとする林氏竏秩B掲げる政策は三者三様。
 市民は各候補の声をどう聞き、どう判断するか。20年間続いた中原市政への評価がどんな形で票に反映されるかも含め、短期決戦の行方が注目される。
 12日現在の選挙人名簿登録者数は2万7554人(男1万3381、女1万4173)。

前のページに戻る 一覧に戻る