伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
206/(木)

ニュース

地震防災訓練

本番さながらの訓練で災害に備え

地震防災訓練

 9月1日の防災の日に合わせて4日、上伊那の各市町村で、地震防災訓練があった。
 関係団体相互の連携、市民の防災行動力強化などを目的として伊那市は、市内数個所で訓練を実施。総勢3921人が集まり、メーン会場の西箕輪工業団地には、地域住民や市職員など、402人が参加した。
 午前9時、駿河湾沖を震源とするマグニチュード8・0の大地震が発生し、長野県でも震度6弱程度を観測した窶狽ニ想定。市内は、家屋、河川堤防が倒壊、ライフラインなども被害を受け、火災、死傷者も多数出た設定で、各区や常会でつくる自主防災会が被害状況報告や、バケツリレーでの消火、炊き出し訓練をしたり、消防や関係行政機関が、担当業務訓練に臨んだ。
 本番さながらの訓練を通して参加者それぞれは、改めて防災意識を高めた様子だった。

前のページに戻る 一覧に戻る