伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
214/(日)

ニュース

七久保育成会がジャンボ巻き寿司づくり

記録は25メートル40センチ

七久保育成会がジャンボ巻き寿司づくり

 飯島町七久保の七久保育成会(新井政夫会長)は23日、七久保林業センターで、ジャンボ巻き寿司づくりに挑戦。小学生や育成会・こども広場の役員ら約50人が参加、25メートル40センチの大記録を打ち立てた。
 ジャンボ巻き寿司づくりは昨年に続き2回目。昨年は9メートル60センチだったことから、今年は25メートル以上を目標にした。
 大広間に長机を並べ、巻きす代わりの段ボールを置き、150枚の板のりをつなげた。
 16・7キロの米を炊き、すし飯を作り、子どもたちも一緒になって、手でのりの上に平均に広げた。
 真ん中の芯は卵焼き、キュウリ、かんぴょう、たくあん、でんぷの5種類。
 子どもたちは順番に具をのりの真ん中に置いた。
 この後、全員が並び、心を合わせて「1、2、3」の合図で一斉に、くるりと巻いた。
 形を整え、広げてみると、しっかりとつながって、きれいに巻けて大成功。参加者が見守る中、計測すると25メートル40センチもあり、拍手で成功を祝った。
 巻き上がりを切り分け、用意した水餃子と一緒に会食。
 新井会長は「みんなで力を合わせた結果、大記録を打ち立てることができた」と笑顔。

前のページに戻る 一覧に戻る