伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
236/(日)

ニュース

ふきはら大学・大学院
音楽講座で秋を歌う

 箕輪町公民館のふきはら大学と大学院は9日、町文化センターでの合同音楽講座で秋を題材にした曲を楽しく歌った。
 講師は、日本音楽療法学会認定音楽療法士の笠原正純さん。
 中秋の名月を思い浮かべながら「月光の曲」「ムーンリバー」「ムーンライトセレナーデ」などの曲を聞いたあと、「箕輪町の歌」「公民館の歌」を斉唱。続いて「まっかな秋」「里の秋」など秋の曲を次々と歌った。
 注意して発音する言葉を何回か練習したり、歌詞の意味を大事にして「胸がドキドキする感じを作ってください」などアドバイスを受けながら、気持ちよく声を出していた。

前のページに戻る 一覧に戻る