伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇時々晴14℃ / 3℃今日の天気:南信
晴時々曇10℃ / 0℃12月2日(木)
晴時々曇11℃ / -1℃12月3日(金)
晴時々曇10℃ / 0℃12月4日(土)
晴時々曇11℃ / -1℃12月5日(日)
曇り13℃ / 1℃12月6日(月)
曇一時雨14℃ / 4℃12月7日(火)
112/(水)

ニュース

上伊那華道会会長
箕輪町
春日セツ子さん

上伊那華道会会長<br>箕輪町<br>春日セツ子さん

 創立50周年を迎える上伊那華道会。13流派87人で始まった会は現在、13流派317人で構成。6月に記念いけばな展を計画する。
 「一口に50年と言っても大変な歴史と皆さんおっしゃってます。段々に人数が増え続いてきたことはすごいと思います」
 小原流の教授で、同会に所属して43年。2年任期の会長職は09年3月まで務める。
 会員は、各流派の教授者の資格を持ち、入門後10年以上経過した30歳以上の人が対象で、各流派からの推薦で入会する。
 毎年華道展を開くが、会員が多いため出瓶は1年おき。半数ずつの展示をしている。
 「50年は意義のあること」と、今回は前期、後期で全員が出瓶する。個々の展示スペースは、例年の間口1メートルから今回は90センチと少し狭くなるが、それでも記念すべき華道展を会員皆の作品で彩る。歴代会長や会員の名簿も作成。式典は8月に計画している。
 同会の展示は、「自分たちの流派の花だけでなく、いろんな流派の花を見せていただける。勉強できるので諸流も大事だと思う」。1本1本の花に対しても水が落ちないように手を入れるなど、皆が心を配る。「花に対しては流派を超えて共通の思い入れがある」という。
 教授資格を取って44年。自宅のほか2会場で教室を持ち、指導にあたっている。
 23歳で華道と茶道を始めた。結婚により数年休んだが再開。「何かをやれば途中で放り出すのはきらい」で、子どもが小さいときはおぶったり、手を引き、自分が具合が悪くて寝ていても教室には通った。
 小原流は自然の姿を水盤上に生ける「写景」があり、枯れた姿を生けることもある。「花は水をやらなければ枯れますし、手当ては面倒ですけど、人間の生き様に通じる。生の花に意義がある」という。
 「いい先生に恵まれ学ぶことが多かった。親の教育もあったが、茶道、華道という道については1週間に1回通う中で何か得ることがあった」という。「主人の理解もあって、恵まれた環境を生かさせてもらった。打ち込めることがあるということは、毎日の張り合いにもなった」と振り返る。
 今は、「楽しく来ていただける雰囲気を作り、手抜きのないように、私の蓄えた知識を教えたい」という。
 上伊那華道会の記念展は6月6日から9日まで、伊那商工会議所イベントホールで開く。「なるべく大勢の方に見ていただけて、事故がなく会期4日間が過ごせればいいなと、役員としてはそれだけですね」。開催に向け準備が進む。(村上裕子)

前のページに戻る 一覧に戻る