伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
206/(木)

ニュース

村社協単年度収支赤字に、介護保険報酬単価引き下げ影響し

 宮田村社会福祉協議会(山浦正弘会長)は28日、07年度一般会計決算を理事会、評議員会で発表し承認した。法改正による介護保険事業の報酬単価引き下げの影響が大きく、単年度で284万円の赤字を計上。利用者は増加傾向にある一方で、収益に反映されない苦しい事情が示された。
 同社協の単年度収支は黒字を続けてきたが、主力の通所介護事業(デイサービス)で法改正前の05年度と比べて約450万円の減収に。
 あわせて人件費増や設備更新なども重なり、07年度は黒字を達成できなかった。
 結果、翌年度への繰り越し額は3230万円となった。
 山浦会長は理事会で単年度赤字の実績にふれ「より一層サービスを充実し、利用者の拡大につなげる」と語り、地域支援も求めた。
 また理事会では、村議会の改選により空席となっていた副会長に議会選出の久保田秀男氏を慣例に従って互選した。

前のページに戻る 一覧に戻る