伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
237/(火)

ニュース

ワイン生産の一端にふれて、セミナー参加者栽培体験

ワイン生産の一端にふれて、セミナー参加者栽培体験

 宮田村の住民が参加する「ワインセミナー」はこのほど、村内産赤ワインの原料となる山ぶどう(ヤマソービニオン)の栽培体験を村内駒ケ原の農場で行なった。余分な芽を摘み取り、日当たりを良くする「芽かき」の作業に汗を流し、美味しいワインができる過程の一端にふれた。
 村内産の赤ワインを知ってもらい、文化として地域に広めようと始まったセミナーの2回目。
 山ぶどう栽培組合の春日伊平さんが指導。参加者は農家の苦労を肌で感じながら、ぶどうの成長に願いを込めた。
 「このような体験を通じて、ワインを愛してくれればありがたい。私たち栽培農家も一緒に仲間になって、文化として広げていけたら」と春日さんは話していた。
 セミナーは村公民館と村産業建設課の共催で4月から始まっているが、次回6月は試飲も入れながら農業全般を学習。農場体験は秋の収獲時にも予定している。

前のページに戻る 一覧に戻る