伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
237/(火)

ニュース

駅前にホタルの乱舞を

駅前にホタルの乱舞を

 宮田村のJR宮田駅前広場「輪苑」のせせらぎに、ホタルを舞わせたいと、広場の整備に取り組む住民有志らの地道な活動が続いている。昨年放流したホタルが育つ過程でエサとなるカワニナが着実に根づき始めており、数年後の光の乱舞に期待は高まるばかりだ。
 きっかけは荒廃状態だった駅前を、花壇が連なる憩いの広場に再生させた周辺住民でつくる「一輪の会」。
 井戸を掘りせせらぎも設けたことにより、ホタル生息も条件的には可能に。
 昨年、ホタルの復活に実績がある「自然を呼び戻す会」がカワニナを放流し、両グループは地域と一緒になってさらに駅前の環境整備を進めている。
 「カワニナも棲みつき、期待が持てるかもしれない」と呼び戻す会の加藤一彦会長。
 車窓からのぞくホタルの光に夢は広がるばかりだが、一輪の会の小沢常明会長は「駅前の環境を良くしようと、輪は広がるばかり。ホタルが舞ったら最高だね」と、仲間とともに作業に汗した。

前のページに戻る 一覧に戻る