伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
216/(金)

ニュース

ど根性ザクラすくすくと

ど根性ザクラすくすくと

 宮田村町二区の中心商店街仲町モールの歩道アスファルトのすき間から、一本の木が育っている。サクラとみられるが、近所の一部の人たちは「ど根性ザクラ」とネーミング。葉も青々と元気で「いつかは花も咲くのかな」と見守っている。
 このサクラがあるのは、小田切時計店前の歩道。交通標識と寄り添うように伸びて、高さは1メートル50センチほどに。
 「知らないうちに、こんなに育った。数年にはなったと思うよ」と同店主の小田切康一さん。
 「誰も植えていないのに。標識を設置した時に、一緒にどこからか飛んできた種でも混ざったのかねぇ?」と、首をかしげる。
 付近の通行に支障が出ない程度に芽を切ったり手を入れているが、花は今までに咲いたことがないという。
 「せっかく育ったのだから。街路樹のひとつになればとも思うね」。地域の人たちのやさしさにも見守られ、葉の青さも心なしか増してみえた。

前のページに戻る 一覧に戻る