伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
43/(月)

ニュース

2年ぶり宮田高原キャンプ場再開、さっそく地元宮田小6年が飯ごうすいさん

2年ぶり宮田高原キャンプ場再開、さっそく地元宮田小6年が飯ごうすいさん

 一昨年の豪雨災害で林道が崩落し休止していた標高1650メートルに広がる宮田村の宮田高原キャンプ場が1日から、2年ぶりに本格営業を再開した。2日にはさっそく地元宮田小学校6年生が野外体験学習で訪れ、はんごう炊さんなど楽しんだ。
 6年生はオリエンテーリングで高原内を散策。丘の上で「ヤッホー」と叫ぶなど用意された関門をクリアし、自然にふれながら楽しくはんごう炊さん用の食材をゲットした。
 火をおこし、ご飯を炊いた子どもたち。協力して完成させたカレーライスは格別な様子で、舌鼓を打った。
 中央アルプスを望む雄大な高原として自然派キャンパーの支持も得る同高原。
 キャンプサイトのほかにログハウスもあり、牛の放牧や遊歩道、少し足をのばせば黒川渓谷などもある。
 近年は利用客が1500人ほどだが、村内では大切な観光資源として見直す動きも始まっており、赤そばの試験栽培も近くスタートする。
 村産業建設課によると既に20件以上の予約が入っているという。9月末まで営業。予約、問い合わせは高原管理室85・2683まで。

前のページに戻る 一覧に戻る