伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ25℃ / 6℃今日の天気:南信
晴れ24℃ / 6℃4月22日(木)
晴れ24℃ / 4℃4月23日(金)
曇時々晴21℃ / 9℃4月24日(土)
晴時々曇23℃ / 9℃4月25日(日)
曇時々晴21℃ / 8℃4月26日(月)
曇時々晴21℃ / 9℃4月27日(火)
214/(水)

ニュース

伊那中央病院運営審議会
経営改革プラン案を了承

 伊那中央病院運営審議会が24日夜、伊那中央病院で開かれ、経営改革プランの案が了承された。
 審議会には上伊那医師会や住民の代表など30人が出席した。
 経営改革プランは公立病院が平成23年度を目途に黒字化する計画をまとめたもので、国へ提出する。
 審議会では病院の運営状況などについて説明があった。
 それによると、平成19年度と20年度の比較で外科の外来の患者数はおよそ千人減少しているが、診療報酬は5千万円増加している。
 一方内科は患者数が3千人、診療報酬は4千万円減少している。
 これについて伊那中央病院では、「入院や症状の重い患者が病院に訪れるようになってきている。また内科については、精密検査が必要など紹介状のある患者のみ受けつている」と説明している。
 ほかに市町村別の入院患者は、伊那市、箕輪町、南箕輪村で減少しているが、駒ヶ根市と辰野町では増加している。
 審議会では、ほかに伊那中央病院が妊娠後期から新生児の早い時期までの医療を総合的に行う地域周産期母子医療センターに県から指定されることが報告された。
 伊那中央病院では経費節減などにより、平成22年度からの黒字化を目指していて、今回示されたプランは3月に開かれる伊那中央行政組合に示され了承される見通しとなっている。

前のページに戻る 一覧に戻る