伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ36℃ / 22℃今日の天気:南信
晴時々曇38℃ / 22℃8月16日(日)
晴時々曇36℃ / 23℃8月17日(月)
晴時々曇37℃ / 21℃8月18日(火)
晴時々曇35℃ / 24℃8月19日(水)
晴時々曇37℃ / 24℃8月20日(木)
晴時々雨37℃ / 24℃8月21日(金)
158/(土)

ニュース

伊那消防組合が箕輪町十沢橋で集団災害救急救助訓練

伊那消防組合が箕輪町十沢橋で集団災害救急救助訓練

 伊那、辰野、箕輪、高遠消防署でつくる伊那消防組合は30日、恒例の集団災害救急救助訓練を箕輪町の十沢橋周辺で開いた。各署から85人が参加、救助工作車3台、救急車2台などが出動。各署が通常の出動体制では対処できない事案に対し、連携をとって救急・救助活動を実践した。
 マイクロバスと乗用車2台の衝突事故が十沢橋上で発生し河川へ転落、要救助者25人の救助を必要とした想定で訓練した。
 マイクロバスと乗用車1台は橋のすぐ下に転落していて、署員らがダミー車両の天井にエンジンカッターで穴を開け、工作車のクレーンを使って橋下から救助。あとの1台については、下流500メートルまで流されたとし、県消防防災航空隊のヘリコプターが捜索し、要救助者2人を助けた。
 実際の災害に対応できるようここ数年は、署員らには訓練内容を事前に知らせず実施。署員らは緊迫した状況の中で、現場状態を確認しては指揮本部へ伝達し指示を受けるなど、迅速、正確な対応を取った。
 同組合消防本部の早川正行消防長は「自分の知識、技術をいかんなく発揮するには、いかに率先し行動するかが重要。事前の打ち合わせのない訓練で珍プレー、好プレーがあったと思うが、各署で反省会を開き実際の災害に生かせるようにしてほしい」と訓辞した。

前のページに戻る 一覧に戻る