伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
118/(木)

ニュース

信州・天竜川どんぶり街道の会発足

諏訪から飯田まで9つの名物どんぶり集結

信州・天竜川どんぶり街道の会発足

 諏訪から飯田までの名物どんぶりで連携する信州・天竜川どんぶり街道の会が11日発足した。
 岡谷のうな丼、伊那のソースカツどん、松川の黒豚とごぼうのごぼとん丼など9つのどんぶりが並ぶ。
 11日は、伊那市の伊那商工会館に諏訪から飯田までの天竜川流域にある名物どんぶりが集結した。
 これは、地域の特色を生かしたどんぶりで広域的に連携し、スケールメリットを活かすことで、観光を活性化しようというもの。
 11日は、諏訪市、岡谷市、辰野町、伊那市、宮田村、駒ヶ根市、飯島町、松川町、飯田市にある9つのどんぶりの会が信州・天竜川どんぶり街道の会を立ち上げた。
加盟店は、150店舗にのぼる。
 総会では、会の設立、名称、会則が承認され、初代会長には、伊那ソースかつどん会の平澤保夫さんが選ばれた。
 平澤さんは、「力をあわせてがんばりたい」とあいさつした。
 会では、来年2月に総会を開いて、具体的な活動内容を決めるという。

前のページに戻る 一覧に戻る