伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
255/(水)

ニュース

花粉飛散 来春は例年より多く、今年より非常に多い

日本気象協会が第一報を発表

 日本気象協会は、来春の花粉の飛散予測の第1報を15日発表しました。
 それによりますと、関東甲信地方は、例年より多いか、やや多く、今年と比べると非常に多くなると予測しています。 
 日本気象協会によりますと、来春のスギとヒノキの花粉の飛散量は、全国のほとんどの地域で、例年より多いか、例年並み、花粉量の少なかった今年に比べると、2倍縲・0倍になると予測しています。
 今年の夏は記録的な猛暑となり、日照時間や、降水量などの影響で、花芽が多く形成されたということです。
関東甲信地方は、例年と比べると多いか、やや多い予測で、今年と比べると、非常に多い、5倍縲・0倍の飛散量になると予測しています。
 協会によると、過去に猛暑の翌年で、花粉が大量に飛散した2005年よりは、少なくなる予測だということです。

前のページに戻る 一覧に戻る