伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ25℃ / 6℃今日の天気:南信
晴れ24℃ / 6℃4月22日(木)
晴れ24℃ / 4℃4月23日(金)
曇時々晴21℃ / 9℃4月24日(土)
晴時々曇23℃ / 9℃4月25日(日)
曇時々晴21℃ / 8℃4月26日(月)
曇時々晴21℃ / 9℃4月27日(火)
214/(水)

ニュース

アセス方法書 知事への報告まとめ

環境影響評価技術委員会

アセス方法書 知事への報告まとめ

 上伊那広域連合が計画している新しいごみ中間処理施設の環境影響評価の方法書の内容を審査する技術委員会が、17日県庁で開かれ、知事への報告内容のまとめを行いました。
 17日県庁で開かれた、環境影響評価技術委員会は、長野県環境影響評価条例に基づいて設置されています。
有識者など14人で構成されていて、去年12月から始まり、17日、3回目の委員会が開かれました。
これまで、建設候補地となっている伊那市富県の天伯水源付近を視察するなどして、アセスの調査地点や範囲は適当か、調査項目に不足はないかなどについて審査してきました。
これまでの委員会で出された意見が方法書に反映されていて、絶滅危惧種の猛禽類の営巣の調査範囲を、200メートルから1キロにするなどの見直しが行われました。
17日の委員会では、「全項目をより具体的に表記してほしい」などの意見が出されました。
これらの意見をまとめた方法書の審査結果を亀山章(あきら)委員長が阿部知事に報告し、委員会の意見をもとに阿部知事が広域連合に対し3月中に意見を述べる予定です。
広域連合は、この意見をふまえ環境影響評価・アセスの方法を決定し、アセスを行います。
上伊那広域連合は、平成24年度末までに評価を終了し、結果を踏まえて、地元区から同意を得たい考えです。

前のページに戻る 一覧に戻る