伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち雨18℃ / 11℃今日の天気:南信
雨のち晴18℃ / 9℃10月23日(金)
晴時々曇16℃ / 5℃10月24日(土)
晴れ20℃ / 5℃10月25日(日)
晴時々曇21℃ / 6℃10月26日(月)
晴時々曇21℃ / 9℃10月27日(火)
晴時々曇22℃ / 9℃10月28日(水)
2210/(木)

ニュース

戸台集落へ想いを馳せる

戸台集落へ想いを馳せる

 伊那市長谷の黒川上流にある戸台地区から移住した人たちのおもいで会が16日、仙流荘で開かれ、当時の思い出話に花を咲かせました。
 おもいで会は、今回の実行委員長穴澤辰幸さんが、戸台地区に住んでいた証を残すため、写真を集めようと同級生に声をかけたところ、みんなで集まろうという話になりました。
 この日は戸台集落出身者、60人ほどがおよそ20年ぶりに集まりました。
 戸台集落は、南アルプス登山口として、また、炭焼きや林業などで昭和38年頃まで栄えた集落です。
 しかし、昭和34年の伊勢湾台風や36災害などで被害を受けた他、出稼ぎなどで集落を離れる人が多く、昭和37年に戸台分校が廃校。集落に住む人も次第にいなくなりました。
 集まった人たちは、展示された当時の写真を見ながら昔を懐かしんでいました。
 ある女性は「森林鉄道に乗せてもらい通学したことや長い道のりを歩いたことなど思い出がたくさんある。懐かしい人達に会えてとてもうれしい」と話していました。
 実行委員長の穴澤さんは「当時は住みづらいと思ったが、今思えば戸台は素晴らしい場所。今日は多くの人が集まってくれ本当によかった」と話していました。

前のページに戻る 一覧に戻る