伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
118/(木)

ニュース

ポンプ操法の県大会で5位入賞

ポンプ操法の県大会で5位入賞

 第47回県消防ポンプ操法大会は24日に千曲市で開き、小型ポンプ操法の部で上伊那代表の宮田村消防団第3分団第5部(大原区)が5位に入賞した。多少のミスがあり優勝には届かなかったが、「また来年以降の目標ができた」と胸を張った。
 北原貴明主将、指揮者に北原憲明さん、1番員中村宣昭さん、2番員保科靖国さん、3番員山本謙吾さんで臨んだ大会。
 ホースが途中で折れて放水時にミス。タイムをロスし、減点もあった。「緊張した部分があったかも。県大会は観客も多く、意識も今までとは違った」と北原主将は振り返る。
 それでも最小限のミスに踏みとどまり、基本的な操法技術の高さを思う存分披露した。
 会場には宮田村の関係者が多数駆け付けて声援。昨年はポンプ車操法の部で村の代表が入賞しており、2年連続の快挙を喜んだ。
 北原主将ら団員は「練習もさんざんやってきたし、悔いはない。また来年頑張りたい」と話していた。

前のページに戻る 一覧に戻る