伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇13℃ / 1℃今日の天気:南信
雪のち晴11℃ / 2℃1月26日(日)
曇のち雪8℃ / 2℃1月27日(月)
雪7℃ / 0℃1月28日(火)
雨時々雪10℃ / 3℃1月29日(水)
曇一時雨12℃ / 2℃1月30日(木)
曇時々晴10℃ / 0℃1月31日(金)
251/(土)

ニュース

カメラリポート 今も残る高遠城の門

伊那市の民家に移築された門

伊那市の民家に移築された門

 伊那市高遠町の高遠城址公園の保存や復元整備を検討する史跡 高遠城跡整備委員会による調査で、高遠城の本丸の門の一部が伊那市東春近の民家に移築され、当時の姿を今も残していることがわかりました。
 高遠城から移築されたこの門は、高さおよそ2メートル50センチ、幅はおよそ3メートル、高遠城の本丸入口にあった門だといわれています。
 明治に入り廃藩置県の令が出されると、高遠城郭内にあった建造物や樹木が民間に払い下げられました。
 この門もその時のものです。

 幕末に描かれた高遠城の敷地の絵図には、本丸入口にこの門があったことが記されています。

 調査は整備委員会の委員で、信濃建築史研究室の吉澤政己さんが行いました。

この門がある家に住む鳥原正憲さんです。
 家に伝わる資料によると、正憲さんの先祖が明治5年に買い受けたということです。
 史跡高遠城跡整備委員会では、復元について検討し、この門を史料として役立てていきたいとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る