伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
23/(土)

ニュース

国道361号権兵衛街道に案山子設置

24時間見守ります

国道361号権兵衛街道に案山子設置

 交通事故が多発する国道361号権兵衛街道。
 ドライバーの交通安全意識の高揚を図るため、警察官そっくりの案山子が一役買います。
 高さは180センチのこの案山子。
 ヘルメットなど細かいところまで警察官に似せて作られています。
 伊那市西箕輪と南箕輪村南原地籍の国道361号権兵衛街道では、今年1月から29日までに17件の交通事故が起きています。
 伊那署管内では、今年5件の事故で6人が亡くなっていて、うち3人がこの付近で亡くなっています。 
 案山子を制作したのは、伊那市高遠町の矢沢親男さんです。
 矢沢さんは、ボランティア活動で道路脇に花を植えていたところ、制限速度を超えて走る車に危険を感じました。
 そこで、今年10月、畑に使う案山子に警察官に似せたの衣装を着せ道路脇に立たせました。
 すると効果はてき面。
 スピードを出す車が減ったと矢沢さんは話します。
 警察にも地域住民などから反響が寄せられていて、伊那署と伊那交通安全協会ではこの案山子を使って事故防止に役立てようと、今回矢沢さんに依頼し、事故の多いこの国道に案山子を2体設置することになりました。
 伊那署では、案山子設置が交通事故抑止につながればと期待しています。

前のページに戻る 一覧に戻る