伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち雨12℃ / 0℃今日の天気:南信
晴一時雨16℃ / 3℃2月26日(水)
晴時々曇8℃ / 0℃2月27日(木)
晴時々曇9℃ / -4℃2月28日(金)
曇一時雪9℃ / 0℃2月29日(土)
曇一時雨14℃ / 2℃3月1日(日)
曇時々晴12℃ / 0℃3月2日(月)
252/(火)

ニュース

工科短大新設案「ハードル高い」

長野県 駒ヶ根市の説明会で考え示す

長野県 駒ヶ根市の説明会で考え示す

長野県は、平成29年度までに着工する計画の工科短大南信キャンパスの設置場所について、伊那技術専門校を活用する案が有力との見方を17日駒ヶ根市で開かれた説明会で示しました。
説明会は、駒ヶ根市への設置を要望している伊南地域の教育委員会で組織する上伊那南部市町村教育委員会連絡会が開いたものです。
県からは、商工労働部の西澤清人材育成課長らが出席し、設置場所を上伊那地域とすることが決まった経過や工科短大の内容が示されました。
建設事業費は、南箕輪村の伊那技術専門校を活用する場合が16億円、ほかの地域に新設する場合が38億円と試算されています。
出席した教育関係者からは、駒ヶ根工業高校との連携を視野に入れ、駒工周辺に新設して欲しいとする意見や質問が相次ぎました。
これに対し西澤課長は、「総合的な検討をして建設場所は決定するが、大きな争点は、経済的なもの。早期着工したい観点からも新設案はハードルが高い」として、伊那技専活用案が有力との見方を示しました。
建設場所の決定時期については、26年度当初予算案を作成する今年の秋頃までが一つ目安になると話し、今後は、上伊那広域連合や上伊那産業振興会との協議で絞込みが進むものと見られます。

前のページに戻る 一覧に戻る