伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
236/(日)

ニュース

飯島第6砂防堰堤、21日しゅん工

与田切川の6番目

飯島第6砂防堰堤、21日しゅん工

 国土交通省天竜川上流河川事務所が飯島町の与田切川に建設中の飯島第6砂防堰(えん)堤がほぼ完成、21日、飯島町によるしゅん工式が行われる。
 与田切川は中央アルプス南駒ケ岳に源を発し延長16キロ。流域には百間なぎもあり、現在も多量の土砂を流出している。6番目に整備される同堰堤は、天竜川との合流点から上流10キロ地点に建設。本体堰堤は高さ40メートル、堤長114メートル。副堰堤は高さ14メートル、堤長86・2メートルと、高さ6・5メートル、堤長54・9メートルの2基。計画貯砂量59万5千立方メートル。
 92年度工事用道路の工事開始、95年度から本体工事に着手した。工期は今年度末。
 堰堤完成により、流出土砂を調節し、土砂被害の軽減を図り、流域住民の安全が確保されるものと期待されている。

前のページに戻る 一覧に戻る