伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
236/(日)

ニュース

信大食堂、きのこあんかけご飯で日本型食生活の推進PR

信大食堂、きのこあんかけご飯で日本型食生活の推進PR

 提供する食事を通して日本型食生活を見直してもらい、県産の米や野菜の美味しさを実感してもらおう窶狽ニ11日、南箕輪村の信州大学農学部の食堂で、長野県産の米とキノコを使ったメニューが出された。
 「ごはん食推進活動支援事業」の認可を受けた県生活協同組合連合会の取り組みで、利用者の食生活改善意識の啓発や地域農産物の消費拡大が目的。11月11日の「長野県きのこの日」に合わせて同会食堂部会に加盟する県内8食堂であった。協賛するJA全農長野から、ブナシメジとエノキダケの提供を受け、メニューを各食堂で考案した。
 信州大学生協は11月、すべての食堂の米を長野県産の「秋田小町」に切り替えた。今回はその米とキノコで「豚鳥きのこ丼」と「きのこ汁」を50食準備。
 売れ行きは好調で、学生たちは、次々にきのこ丼を注文し、味を楽しんでいた。

前のページに戻る 一覧に戻る