伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
236/(日)

ニュース

トリュフが採れた

世界三大珍味が村境の原野で

トリュフが採れた

 「伊那谷でトリュフが採れるなんて!」中川村大草の中島秀明さん(45)=自営業=は14日、仕事先の中川村と大鹿村境付近の原野でトリュフを発見、直径6センチ縲恊e指大まで9個を採取した。
 原野を散策中、半分土に埋もれた黒い丸い物を発見「動物のふんかなと思って近寄ると、ほかにも土が盛り上がった場所があり、掘って見ると、土の中から表面がぼこぼこした黒いキノコのような物が出てきた」。
 中島さんは翌日、キノコに詳しい人や、フランス料理のシェフらに鑑定してもらった結果、間違いなくトリュフと判明。スライスし、舌で味と香りも確認したという。
 「まさか、こんな場所でトリュフが採れるとは思わなかった。テレビでしか見たことがなかったので、本物と言われても、まだ半信半疑だ」と話していた。
 トリュフは地中に育つキノコの1種、キャビアやファアグラと並び、世界の3大珍味の1つ。黒トリュフは黒いダイヤモンドと呼ばれ、香り高い貴重品。フランス料理やイタリア料理のソースの香り付けやアクセントに用いられる。

前のページに戻る 一覧に戻る