伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇のち晴12℃ / -2℃今日の天気:南信
晴れ14℃ / -2℃2月21日(金)
曇時々雨12℃ / 2℃2月22日(土)
晴時々曇9℃ / 0℃2月23日(日)
晴れ12℃ / -1℃2月24日(月)
曇一時雨14℃ / 1℃2月25日(火)
曇一時雨15℃ / 3℃2月26日(水)
202/(木)

ニュース

登戸研究所の風船爆弾を再現

1/20の模型 こんにゃくのりで和紙を接着

1/20の模型 こんにゃくのりで和紙を接着

地域の高校生で組織する上伊那高校生平和ゼミナールは、第2次大戦時に使用された風船爆弾を再現しました。 箕輪進修高校で最後の仕上げが15日に行われ、1/20の風船爆弾の模型が完成しました。 20年前に赤穂高校の平和ゼミナールが作ったものをリニューアルしました。 風船爆弾は、太平洋戦争末期に、陸軍の秘密機関、登戸研究所が実際に使用したもので、アメリカのスミソニアン博物館に現物が展示されています。 アメリカにある設計図をもとに5月末から放課後を中心に制作を進めてきました。 箕輪進修高校の2部で学ぶ3年生が中心です。 本物と同じくこんにゃくのりを使い、風船部分には、和紙を貼りつけました。 風船の下の部分に取り付けられた自動に高度を保つ装置も細部にこだわりました。 倉科雄多君は、「アメリカではこの爆弾で実際に亡くなっている人がいると聞く。戦争の悲惨さを感じた」と話しています。 上伊那高校生平和ゼミナールは、高校生による自主活動を復活させようと、上伊那の教職員などがバックアップし、今年に入って活動を本格化させました。 8月5日に広島で開かれる平和集会にも参加を予定していて、それに向けた千羽鶴も一般の生徒が協力して折っています。 完成した風船爆弾の模型は、7月19日の辰野高校の文化祭で登戸研究所の資料などと一緒に一般公開されます。

前のページに戻る 一覧に戻る