伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴時々曇32℃ / 19℃今日の天気:南信
晴一時雨31℃ / 19℃8月25日(日)
晴れ33℃ / 17℃8月26日(月)
曇一時雨30℃ / 18℃8月27日(火)
雨27℃ / 20℃8月28日(水)
曇時々雨30℃ / 22℃8月29日(木)
曇時々晴32℃ / 22℃8月30日(金)
248/(土)

ニュース

15年ぶりに公演 劇団風の庵から

 15年ぶりに公演を行う、上伊那地域の演劇愛好者で作る劇団風の庵からは、14日、15日のの本番を前に、練習に熱が入っています。  公演が行われる伊那市西春近のまつり工房です。  今回演じるのはオリジナルの台本「禁断の果実」で、ひきこもりの次男とその家族の物語です。  演出を担当する箕輪町在住の飯島岱さんです。  劇団風の庵からは、飯島さんらが立ち上げ、1998年に1回公演を行いました。  2002年以降活動を休止していましたが、飯島さんが声をかけ、15年ぶりに活動を再開しました。  劇団風の庵からは、役者と観客の距離が近い小劇場にこだわっています。  客席も舞台の一部となり、ドローンも登場します。  飯島さんは、「もう一度自分の芝居を始めた原点に戻りたいと。役者がほんの10センチくらいのところで芝居をやったりする。一番奥の方もせいぜい5.6メートルである。空間はもっと狭い方がいい。狭ければ狭いほど、自分たちのイメージが広がる演技ができる」と話しています。  立ち上げ当初からのメンバーで、まつり工房代表の北原永さんも、今回役者として出演します。 公 演には上伊那地域の演劇愛好者11人のほか、伊那西高校演劇クラブの生徒も出演します。  今回の公演で活動を再開させた「風の庵から」。  いずれは野外での公演も視野に入れ、新しい表現を模索していきます。  飯島さんは、「ゆるやかな構造をもつ劇団である。したがって、どこの劇団をやめてこっちに来るという必要はない。ここで掴んだ体感を、自分の所属している劇団に持って帰って、新しい演劇創造が生まれればいいかなと。第2次 劇団風の庵からの役目だと」と話しています。 公演は14日(土)と15日(日)の午後1時からと午後6時から、計4回伊那市西春近のまつり工房で行われます。 チケットは一般1500円、高校生以下800円です。

前のページに戻る 一覧に戻る