伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ27℃ / 12℃今日の天気:南信
晴時々曇26℃ / 11℃5月29日(金)
晴のち曇26℃ / 11℃5月30日(土)
曇時々晴25℃ / 14℃5月31日(日)
曇一時雨23℃ / 15℃6月1日(月)
曇時々晴30℃ / 16℃6月2日(火)
曇一時雨26℃ / 16℃6月3日(水)
285/(木)

ニュース

エコチル調査 花粉症の子ども甲信地域で最も多く

子どもの免疫異常について調査結果を報告

エコチル調査 花粉症の子ども甲信地域で最も多く

10万人の子どもを対象に環境省が実施しているエコチル調査で、甲信地域の2歳と3歳の子どもの花粉症の割合が、調査した全国16地域の中で最も高い事がわかりました。 19日、信州大学医学部の野見山哲夫教授が、伊那市内で調査の進捗状況を報告しました。 今回は、ぜん息やアトピー性皮膚炎、花粉症など子どもの免疫系の異常についての報告がありました。 調査によりますと、北海道から沖縄までの全国16地域のうち、山梨県と長野県の甲信地域の子どもの花粉症の割合が最も高く、2歳で5%、3歳で10%以上発症しているという事です。 全国平均では2歳が2%、3歳が4%となっています。 エコチル調査は胎児から13歳までの子どもの健康状態と生活環境との関係を調査するため2011年に始まりました。 長野県では上伊那が対象地域となっていて、現在2,600人の子どもが調査の対象となっています。 今回の調査は、免疫異常のある子どもの人数を把握したものです。今後は血液中の化学物質と免疫異常との因果関係を調査していくという事です。

前のページに戻る 一覧に戻る