伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち曇20℃ / 6℃今日の天気:南信
曇のち雨17℃ / 10℃10月22日(木)
雨のち曇18℃ / 11℃10月23日(金)
晴れ20℃ / 7℃10月24日(土)
晴れ21℃ / 6℃10月25日(日)
晴時々曇21℃ / 7℃10月26日(月)
晴時々曇21℃ / 9℃10月27日(火)
2110/(水)

ニュース

伊那市長谷で海外用の米 栽培始まる

伊那市長谷で海外用の米 栽培始まる

国産米の輸出を手掛ける札幌市の株式会社Wakka Japanは、海外のヘルシー志向の消費者向けに販売する米の栽培を伊那市長谷で行っています。 代表の出口友洋さんは、4月に、自然環境が良い伊那市長谷に移住し米の栽培を始めました。 17日は出口さんが乾田直播と呼ばれる方法で種を直播きしました。 田植えは、愛知県の農場試験場が開発した専用の播種機を使います。 V字の溝を掘りホースから種を落としたあと、土をかぶせていきます。 作業の効率が良く、高齢者でも簡単に出来る他、鳥に種を食べられないことが特徴だということです。 また、出口さんは田んぼに公立よく水を入れるシステムをつくりました。 種は、通常の3倍の胚芽を持つ玄米専食用のもので栄養価が高いということです。 出口さんは、信州大学教育学部を卒業後、平成25年に国産米の海外輸出を手掛けるWakka Japanを立ち上げました。 海外で日本の無農薬米が人気があることから、自然栽培に特化した自社生産の米の輸出に取り組むことにしました。 17日は、上伊那農業高校の教諭も見学に訪れていました。 今年は、1.2tの収穫を見込んでいて、出口さんはハワイに輸出し販売したいと考えています。

前のページに戻る 一覧に戻る