伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
245/(火)

ニュース

夏の高校野球開幕 上伊那勢4校が初戦突破

伊那北コールドで敗れる

甲子園出場をかけた第87回全国高校野球選手権長野県大会が開幕し、上伊那勢は2日目の10日から登場。伊那弥生ケ丘は長野南に快勝したが、伊那北は蓼科に8回コールド負けを喫した。11日は、駒ケ根工業、赤穂、高遠がともに初戦を突破した。
◆10日
【松本市野球場】
長野南
00000310窶・
62000015X窶・4
弥 生
弥生打線は初回から猛威を奮う。3四球に長短打を絡め、先発出川を攻めたて一挙6点を先制。序盤から主導権を握り、試合を優位に進めて快勝。優勝候補の一角、創造学園が待ち構える2回戦に向けて、大事な初戦をコールド勝ちで飾った。
○…初回、弥生打線は一死から安打と2つの四球で満塁とすると、主将の丸田が中前に落ちる適時打で1点を先制。「あの場面では、どんな形でも安打で先に点がほしかった。あの1点は大きい」とする監督の期待に応えた。続く池上は右越え二塁打で2点を追加。勢いずいた打線は、さらに3点を加え、打者一巡する快進撃をみせた。
2、7回にも加点し、5点をリードして迎えた8回、一死二、三塁から中西が自身も生きるスクイズで1点を追加。その後満塁として、1番高重が右翼席へ運び、花々と試合を締めくくった。
○…先発右横手の主戦小田切はカーブやスライダーなどの変化球を織り交ぜ、緩急を生かして長南打線をほんろう。5回まで投げ、被安打3の無失点に抑える好投をみせた。
しかし継投の橋本が6回、一死から満塁とされると、そこから3点を奪われて早々と降板。公式戦初登板となる2年生の原がマウンドを引継ぎ、なんとか危機を乗り切った。
原は続く7回に1点を許すも、徐々に本来の調子を取り戻し、堂々としたピッチングを披露した。
○…原登監督は、橋本、原の継投策に対し「3、4点取られるのは覚悟していたから気にはしていない」と平然とした口調で述べ、「原が公式戦では初めてにも関わらず、本来の投球ができていたことがなによりの収穫」と若い力の出来映えに喜んだ。
2回戦の強豪・創造学園戦については「一泡ふかせたい」とし、「気持ちで負けることはない。選手たちが普段通りにプレーできれば勝てる」と意欲をむき出しにした。
◆11日
【諏訪湖スタジアム】
中 条
00000窶・
2702X窶・1
駒ケ根工
駒工は初回から敵失にも乗じて先制すると、2回以降も毎回ランナーを出す猛攻をみせて中条を寄せ付けずに圧勝した。
○…駒工は初回、四死球で一死一、二塁に、4番主将の宮内が右翼手の頭を大きく越える適時二塁打で2点を先制。主軸の期待通りのバッティングでリズムをつかむと、続く2回は打者一巡の猛攻をみせる。
一死一塁から鳥海、松・ス、久保村、大澤の4連打に敵失も絡み、4点を追加。さらに、宮下、小椋の長短打などでこの回一挙7点を奪い中条を突き放した。
○…先発小椋は初回を2者連続三振と持ち味の直球を生かして簡単に抑えたが、「考えて投げすぎた」2回以降は制球が定まらず、投球に苦しんだ。四死球や失策から一時は満塁のピンチを迎えるも、バックに助けられ、危機を乗り切る。5回まで無失点で終わらせたが、次への課題を残した。
○…山岸智昭監督は打線について「初回に宮内が打ったことで勢いずいた。中軸が打ってくれないと形ができないし、先制点の安打は大きい。選手たちも今日はよく打った」とするも、「小椋がきっちりとした投球ができなかった。守備もエラーが絡んでピンチを迎えた。集中力が欠けたことを次までに修繕したい」と顔を強張らせた。
【長野オリンピックスタジアム】
高 遠
23462窶・7
10000窶・
屋代南


前のページに戻る 一覧に戻る