伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
22℃ / 18℃今日の天気:南信 259/(火)

ニュース

信大ナイアガラワイン 販売開始

南箕輪村の信州大学農学部の学生が育てたブドウを使ったワインが完成し、19日から販売が始まりました。

学生が実習の一環で育てたブドウ「ナイアガラ」を使ったワインで、720ミリリットル入り1,500円です。

19日は生産品販売所でワインがお披露目され、学生が味を確かめていました。

ブドウは去年10月に植物資源科学コースの2年生が実習で収穫したもので、収量は299キロでした。
糖度が18度ほどの完熟したものが多かったということで、例年に比べて甘さや香りが強いということです。
ワインは合計230本つくられていて、信大農学部の生産品販売所で1人2本まで購入することができます。

前のページに戻る 一覧に戻る