伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
37℃ / 23℃今日の天気:南信 227/(日)

ニュース

長谷中1年生 くくり罠設置

 伊那市の長谷中学校1年生は、地域の有害鳥獣被害を学ぶためニホンジカの捕獲に取り組んでいます。
 3日は、学校の裏山の生徒たちが選定した場所に罠が設置されました。
 この日の午後は、鹿の捕獲について学ぶ時間です。
 1年生13人は、長谷猟友会の小淵(こぶち) (ゆき)(てる)さんの協力を得て、鹿の捕獲について学んでいます。
 校庭から階段を下りて神田橋を渡り、罠を仕掛ける学校の裏山に入ります。
 先月下旬に小淵さんと下見をした1年生は、鹿の足あとなどを探して、罠を仕掛けたい場所を決めていました。
 狩猟免許がないと罠は設置できないため、小淵さんが生徒の依頼にこたえて罠を仕掛けていました。
 長谷中学校の1年生は、自分たちが住む地域の課題となっている獣害食害の問題を考えようと、ニホンジカの捕獲について5月から学習を進めています。
 その中で捕獲した鹿を有効活用することの必要性についても考え、命についての学びとなっています。
 今後、罠に鹿がかかったら、小淵さんが鹿を止め刺しするところに生徒たちも立ち会う予定です。
 

前のページに戻る 一覧に戻る