伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
28℃ / 20℃今日の天気:南信 229/(土)

ニュース

田畑伝統 盆正月

区の役員宅をバリケード封鎖して、もう一日休みを要求する南箕輪村田畑の伝統行事、盆正月が16日の深夜に行われました。
 夜8時過ぎから、小学校のPTAでつくる田畑の伝統行事を守る会のメンバーが田畑公民館に集まりバリケードの準備を行いました。
盆正月は、地区役員の家を封鎖し、盆休みの延長を訴える田畑区の伝統行事です。
田畑公民館では、玄関先に飾るしめ縄づくりなどが行われました。
区内の畑では、小学生たちがひまわりを取っていました。
準備が終わると、軽トラックに荷物を乗せて出発です。
午後11時過ぎ、区長の三澤稔さん宅に到着です。
地元の消防団も駆けつけ、区長の家にあるはしごや鉢植えなどを持ち出し玄関先をバリケード封鎖していました。
最後は石灰でお正月と書いて完成です。
封鎖が終わるとメンバーたちは暗闇に消えていきました。
 

一夜明け 区長は・・・

一夜明け 区長は・・・

一夜明けた17日の朝6時過ぎ。
裏口から出てきたのは区長の三澤さんです。
三澤さん宅の玄関前には、プランターや農機具、タイヤ等が置かれ出入りできないよう封鎖されています。
16日の夜は区の役員宅など5か所にバリケードが作られたということで、三澤さんはもう1日休みにするようスマートフォンで連絡していました。
しばらくすると、近所の人も今年の出来を見にやってきました。
三澤さんとの挨拶は盆正月らしく「おめでとうございます」です。
バリケードを写真に収めたあと後片付けに取り掛かっていました。
 

前のページに戻る 一覧に戻る