伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ7℃ / -4℃今日の天気:南信
晴のち雪10℃ / -3℃12月16日(日)
雪のち曇12℃ / 2℃12月17日(月)
曇時々晴8℃ / -1℃12月18日(火)
曇時々晴9℃ / -2℃12月19日(水)
曇時々晴12℃ / -1℃12月20日(木)
雨14℃ / 3℃12月21日(金)
1512/(土)

ニュース

地蜂の巣 今年の出来は…

巣箱に通う地蜂

クロスズメバチ、通称「地蜂」の巣の重さを競う「地蜂の巣コンテスト」が、10月28日に伊那市西箕輪で開かれます。
不安定な気候の影響でここ数年は軽めの巣が多くなっていますが、今年の出来はどうでしょうか。

伊那市地蜂愛好会の有賀幸雄会長が働く会社の裏には2つの巣箱が置かれ、次から次へと地蜂が通っています。
エサとなる鳥のレバーや砂糖の入った水の周りには多くの地蜂が集まっています。
有賀さんは「今年は蜂の通いも盛況で期待できる」と話します。

今年の春は暖かくなるのが早かったことから、例年に比べて2週間ほど早く巣作りが始まったということです。
巣作りの期間が長くなった分、大きさは期待できると有賀さんは話します。
今年は真夏日が多かったことから、暑さを凌ぐことができるかが課題でした。
この道60年の有賀さんは、巣箱の4分の3を地中に埋めて、暑さを凌ぐことができる環境を作りました。

去年の地蜂の巣コンテストの優勝は3.5キロでしたが、今年は大きいものが出来そうだと有賀さんは話します。
有賀さんは「周り(の愛好家)を見ても良い巣が出来ている。5キロぐらいになってほしいと期待している」と話していました。

地蜂の巣コンテストは10月28日(日)の午前9時から伊那市西箕輪の農業公園みはらしファームで開かれます。

前のページに戻る 一覧に戻る