伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
21℃ / 11℃今日の天気:南信 2410/(水)

ニュース

伊那北卒業30周年で同窓会

第40回生「悟空会」が母校に集まる

第40回生「悟空会」が母校に集まる

昭和63年に伊那北高校を卒業した第40回生でつくる「()空会()」は、卒業30周年を記念した同窓会を、6日に開きました。

40回生360人のうち170人が母校に集まり同窓会を開きました。
実行委員長の小町谷良一()さんは「卒業後、私たちは平成の時代を一生懸命に生きてきました。今日は久々の再会を楽しみ、あすからの力にしていきましょう」と呼びかけました。
恩師を代表して元E組担任の神林三喜雄さんは「皆さんは今、社会で中心となり責任ある立場となっています。体を大事にしてこれからも頑張ってほしい」と話していました。
記念式典では、40回生から、同窓会と学校にそれぞれ30万円が記念に贈られました。

式の最後には当時応援団だったメンバーの指揮と太鼓に合わせて、応援歌「天竜()河畔()」を歌いました。
40回生は昭和63年3月に伊那北高校を卒業した昭和最後の卒業生で、現在48歳か49歳になっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る