伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
21℃ / 11℃今日の天気:南信 2410/(水)

ニュース

まほらいな市民大学入学式

まほらいな市民大学の21期生と大学院5期生の入学式が伊那市のいなっせで10日行われました。
生涯学習の場として伊那市が行っている市民大学は今年度、男性16人、女性49人の合わせて65人が入学しました。
市民大学の修了生を対象に開かれる大学院には男性5人、女性5人の合わせて10人が入学しました。
式辞で、学長の白鳥孝市長は「健康に留意しながら人との絆を大切に励んでいただきたい」と挨拶しました。
新入生を代表して宮原()晴美()さんは「学ばせていただいた何か一つでも地域社会にお返ししたい」と話しました。
大学院入学生を代表して守屋()武夫()さんは「地域に学び課題を発見して学びを深めたい」と挨拶しました。
市民大学は健康づくりや文化など48の講座を2年間かけて受講します。
大学院はより専門的な知識を身に着けようと歴史コースと自然科学コースのどちらかのコースを受講することになっています。
 

前のページに戻る 一覧に戻る