伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ29℃ / 9℃今日の天気:南信
晴れ30℃ / 11℃5月24日(金)
晴れ33℃ / 11℃5月25日(土)
晴時々曇33℃ / 13℃5月26日(日)
晴時々曇31℃ / 15℃5月27日(月)
曇時々晴26℃ / 14℃5月28日(火)
曇一時雨24℃ / 14℃5月29日(水)
235/(木)

ニュース

手話と共生する社会を 聴覚障害者大会

定幸さんの表彰状を受け取る妻の香さん

第24回長野県聴覚障害者大会が、南箕輪村民センターで11日に開かれ、手話言語による会話や発信がどこでもできる共生社会を目指す、とした大会宣言が採択されました。

大会では宣言の他、市町村の手話言語条例制定の実現や、聴覚障害者の防災対策の構築、就労・雇用の拡充など、8つの大会決議案が示され、採択されました。

また、長年に渡り聴覚障害者の福祉向上に寄与したとして、今年4月に亡くなった、伊那市西箕輪の城取定幸(さだゆき)が表彰され、妻の香(かおる)さんが表彰状を受け取りました。
城取さんは、上伊那聴覚障害者協会の会長を務めたほか、高校生に手話を教えるなどの活動を通じて普及活動を進めました。

香さんは「いつも出かけては活動していた。受賞はとてもうれしいです」と話していました。

大会には、県内各地の手話サークルや手話通訳ボランティアなど、およそ180人が出席しました。

前のページに戻る 一覧に戻る