伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ29℃ / 9℃今日の天気:南信
晴れ30℃ / 11℃5月24日(金)
晴れ33℃ / 11℃5月25日(土)
晴時々曇33℃ / 13℃5月26日(日)
晴時々曇31℃ / 15℃5月27日(月)
曇時々晴26℃ / 14℃5月28日(火)
曇一時雨24℃ / 14℃5月29日(水)
235/(木)

ニュース

自動運転・ドローン・AI 複合実証実験

AIから配車データを受けたタクシーの動きを確認する出席者

伊那市が進めるバスの自動運転サービスとドローン物流、AIを使った自動配車タクシーの複合連携実証実験が18日、伊那市長谷の道の駅南アルプスむら長谷で行われました。

実験は道の駅を会場に行われました。
最初にスマートフォンのアプリからタクシーに予約が入り、予約データを受けたAIがタクシーの配車をします。
AIからの配車データを受け取ったタクシーが、予約のあった非持山に向け道の駅を出発しました。

タクシーが出発した後、道の駅には自動運転バスが到着します。
バスには乗客と一緒に商品が載せられていて、その商品がドローンへと積み込まれます。
ドローンは荷を積んで飛び立ちます。

そこに、AI自動配車タクシーを利用した人たちが道の駅に到着し、自動運転バスに乗り込みました。


一連の実験は、中山間地域での交通弱者支援や買い物支援などを目指す伊那市が全国で初めて複合的に行ったものです。
白鳥孝市長は「中山間地域を抱える伊那市にとって、画期的なシステムになると思う」と話していました。

今回初めて実験が行われたAI自動配車タクシーは、早ければ3年後の導入を目指しています。
利用した人は「スマートフォンを使うことができる人なら誰でも簡単にできると思う」と話していました。

伊那市では今回の結果を検証し、それぞれのサービス導入に向けて今後も実験を続けていくとしています。

前のページに戻る 一覧に戻る