伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴れ12℃ / 2℃今日の天気:南信
晴のち曇9℃ / -2℃12月13日(木)
晴時々曇8℃ / 1℃12月14日(金)
晴れ7℃ / -5℃12月15日(土)
曇一時雪7℃ / -2℃12月16日(日)
曇一時雨12℃ / 2℃12月17日(月)
曇時々晴7℃ / -1℃12月18日(火)
1212/(水)

ニュース

伊那出身 化学の権威 向山さん死去

手良小学校にある石碑

伊那市手良出身で、有機合成化学の世界的権威・向山光昭(てるあき)さんが、17日肺炎のため亡くなりました。91歳でした。

伊那市手良中坪出身の向山さんは、昭和2年生まれで、昭和23年に東京工業大学を卒業、昭和38年には東京工業大学の教授になりました。
有機合成化学の研究に取り組み、昭和48年には向山アルドール反応と呼ばれる化学反応を発見し、新しい医薬品や農薬の合成に活用されました。
平成9年には文化勲章を受章しました。

平成5年には手良公民館の文化講演会で話をしました。
講演を聞いた当時の手良小学校の卒業生が学校に建てた石碑が今も残っています。
石碑には文化講演会で向山さんが話した「素直さと・明るさと・情熱を」の文字が刻まれています。

手良野口在住で、元藤沢薬品(現アステラス製薬)社員の矢澤久豊さん81歳は、研究員時代に向山さんから指導を受けたということです。
矢澤さんは「紙に書くだけでなく実際に手を動かして、失敗したものはそのままにせず、しっかり解析すること、そんなことを教わった。とてもおもしろい分野なので、向山さんの遺志を継ぐ若い研究者が育ってくれればうれしい」と話していました。

向山さんの葬儀は近親者のみで行ったということです。

前のページに戻る 一覧に戻る