伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
晴のち雨30℃ / 15℃今日の天気:南信
大雨24℃ / 19℃6月27日(木)
雨30℃ / 20℃6月28日(金)
曇時々雨28℃ / 19℃6月29日(土)
雨27℃ / 21℃6月30日(日)
雨27℃ / 22℃7月1日(月)
曇時々雨27℃ / 21℃7月2日(火)
266/(水)

ニュース

高遠焼 白山登り窯で年に1度の火入れ

陶芸家の浦野真吾さんと親族が作業

陶芸家の浦野真吾さんと親族が作業

伊那市高遠町に伝わる高遠焼の窯「白山登り窯」で、年に1回の窯焼きが、12月31日から1月3日まで行われました。
31は、高遠焼の陶芸家浦野(しん)()さんと親族が窯に薪をくべていました。
白山登り窯は、1,000点以上の作品を同時に焼くことができ、火入れは年に1度この時期に行われます。
湯のみやご飯茶碗、花器や壺など大小合わせておよそ400点を焼きました。
幅3メートルで、山の斜面に沿って4段に連なり熱が下から上に上がっていくようになっています。
窯の中の温度は340度ほどで、最高で1,200度まで上がるということです。
今年は、浦野さんの息子で小学5年生の(てる)(まさ)君も作業を手伝いました。
高遠焼は、元々高遠城に水をひくための土管を作ったのが始まりとされ、およそ200年以上の歴史があります。
3日まで夜通しで薪を足して温度調節し焼き上げたということで、1月中旬に取り出すことにしています。

前のページに戻る 一覧に戻る