伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
雨のち曇20℃ / 14℃今日の天気:南信
晴時々曇27℃ / 13℃6月17日(月)
晴のち曇27℃ / 12℃6月18日(火)
曇り26℃ / 14℃6月19日(水)
曇時々晴28℃ / 16℃6月20日(木)
曇時々晴28℃ / 17℃6月21日(金)
曇一時雨27℃ / 18℃6月22日(土)
166/(日)

ニュース

地元の酒米使った新酒PR

地元上伊那産の酒米を使って酒造りを行う伊那市内の酒蔵2社や酒米の生産者が、7日夜、新酒のPRを行いました。

この日は伊那市狐島のJA上伊那本所で、生産者やJA職員らおよそ70人が新酒を味わいました。
今回完成した新酒は、宮島酒店の「三郎」や「第六天」など4種類と、仙醸の「黒松仙醸・純米大吟醸」など4種類です。

2つの酒蔵は、荒井や御園、西箕輪、高遠町山室などで、それぞれ酒米を栽培しています。
参加した生産者らは、新酒を味わいながら、お互いに労をねぎらっていました。

ある参加者は「酒の味はイマイチわからないけれど、どれも特徴があって、どれも美味しい」と話していました。

この日は記者会見も開かれ、関係者らが地元の酒米で造った新酒をPRしていました。
御子柴茂樹組合長は「地産地消、地元の酒米を使った美味しいお酒をみなさんに楽しんでもらいたい」と話していました。

宮島酒店の宮島敏社長は「お酒で米の美味しさを、お米でお酒の美味しさを伝えられるような良い循環をつくっていきたい」と話していました。

仙醸の黒河内貴社長は「伊那産のお米の美味しさを、お酒を通じて多くの人に知ってもらえるよう努力していきたい」と話していました。

日本酒は、それぞれの酒蔵のほか、上伊那地域の酒販店で購入することができます。

前のページに戻る 一覧に戻る