伊那谷ねっと

サイトマップ ニュース検索
曇り30℃ / 18℃今日の天気:南信
晴時々曇32℃ / 19℃8月25日(日)
晴れ33℃ / 17℃8月26日(月)
曇一時雨30℃ / 16℃8月27日(火)
雨27℃ / 20℃8月28日(水)
曇時々雨30℃ / 22℃8月29日(木)
曇一時雨31℃ / 22℃8月30日(金)
248/(土)

ニュース

IoTデバイスの開発・活用事例学ぶ

物をインターネットにつなぐ、IoTの導入について学ぶセミナーが28日、南箕輪村の南信工科短期大学校で開かれました。

セミナーには、上伊那の中小企業の社員を中心に、およそ30人が参加しました。
南信工科短大や信州大学の非常勤講師で、工学博士の西山隆也さんがIoTデバイスの開発や活用方法などについて説明しました。

「物」と「インターネット」をつなぐことがIoTと呼ばれていて、工場で動いている機械の生産ロスや、農作物の栽培ハウス内の温度などをデータ化することもできるため、事業の効率化などに活用されています。
物をインターネットにつなぐための機械が「IoTデバイス」と呼ばれています。

西山さんは、データを収集するために、デバイスを動かし続けることの必要性を説明した上で「機械から出る熱を使った発電や、モーター・エンジンなどの振動を使った発電など、自立電源を使うことで人件費や設備費などのコストを抑えることができます」と説明していました。

すでにIoTを導入しているというある参加企業は「実用例を参考にして、より良いデータが取れるようになればうれしい」と話していました。

セミナーは、地域企業の技術力の向上などを目的に、南信工科短大振興会が毎年開いているものです。

前のページに戻る 一覧に戻る